メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン情勢で安保理 週明け非公開会合 米国新情報提示か 中露は懐疑的

国連本部ビル=ニューヨークで2003年5月22日、会川晴之撮影

 国連安全保障理事会は24日、緊張が高まっているイラン情勢に関する非公開会合を開く。安保理外交筋によると、米国が開催を要請した。会合で米国はイランによる無人偵察機の撃墜を非難し、タンカー攻撃事件の調査で得られた新たな情報も示す見通し。

 イランは国連代表部の声明やグテレス事務総長あての書簡で米国批判を続けており、米国は安保理で主張を説明…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです