メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン情勢で安保理 週明け非公開会合 米国新情報提示か 中露は懐疑的

国連本部ビル=ニューヨークで2003年5月22日、会川晴之撮影

 国連安全保障理事会は24日、緊張が高まっているイラン情勢に関する非公開会合を開く。安保理外交筋によると、米国が開催を要請した。会合で米国はイランによる無人偵察機の撃墜を非難し、タンカー攻撃事件の調査で得られた新たな情報も示す見通し。

 イランは国連代表部の声明やグテレス事務総長あての書簡で米国批判を続けており、米国は安保理で主張を説明…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです