特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

夫婦別姓 各地で陳情や請願 自民対応割れる 愛媛・今治市議会に注目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今治市役所=愛媛県今治市で2011年5月31日、津島史人撮影
今治市役所=愛媛県今治市で2011年5月31日、津島史人撮影

 夫婦が同姓か別姓かを選べる選択的夫婦別姓制度について、国会審議を求める意見書を国に出すよう愛媛県の今治市議会に提出された陳情が24日、市議会教育厚生委員会で審査される。同制度を巡っては、19日に東京都議会で同様の請願が採択されたが、自民党会派は反対。他の地方議会では自民系議員の対応は分かれており、市議会での姿勢が注目される。

 教育厚生委では、6月定例会最終日の28日の本会議で採択、不採択など議会としての結論を出すための実質的な議論が行われる。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文501文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集