メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入館者減少に危機感 ひめゆり平和祈念資料館 開館30年 刷新を予定

県外からの修学旅行生や観光客が訪れるひめゆり平和祈念資料館=沖縄県糸満市で2019年5月20日午後0時43分、佐野格撮影

 太平洋戦争末期の沖縄戦に動員され、女学生ら136人が命を落とした「ひめゆり学徒隊」の体験を伝える沖縄県糸満市の「ひめゆり平和祈念資料館」が「慰霊の日」の23日、開館30年を迎える。悲惨な沖縄戦の歴史を伝える象徴的な存在として大きな役割を担ってきた資料館だが、入館者の減少という課題に直面している。【佐野格、遠藤孝康】

 資料館は学友の無念と戦争の実相を後世に伝えたいと同窓会が設立し、1989年6月23日に開館した。沖…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです