メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンドルで楽しもう 自己表現のツールとしても人気

できあがったキャンドルを手に乗せて撮影するスポットも=東京都港区で2019年6月17日、村元展也撮影

 東京・南青山に誕生した「カメヤマキャンドルハウス青山店」は、キャンドルのさまざまな楽しみ方を発信する注目のスポット。夏至(あるいは冬至)を中心とした期間に明かりを消してキャンドルをともすムーブメント「100万人のキャンドルナイト」が日本で始まって17年。キャンドルは自己表現のツールとしても人気を集めている。6月22日は夏至――。

 南青山の根津美術館にほど近いガラス張りのビル。正面ドアから一歩入ると心地よい香りに包まれ、色とりどりのキャンドルが出迎えてくれる。すぐ脇に手作り教室のスペースがある。キャンドルのショッピングとハンドメードを楽しめる場所として、国内最大手メーカー「カメヤマ株式会社」とキャンドルの普及を目指す一般社団法人「日本キャンドル協会」(JCA)が提携し、2019年1月にスタートした。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです