メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異例の国介入 新型出生前診断 新指針凍結 「妊婦の不安」拡大を憂慮

新型出生前診断を巡る動き

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)を巡り、日本産科婦人科学会(日産婦)は22日、施設要件を緩和して実施拡大を図る新指針を正式に決めた上で、運用を見送ると発表した。医学系の他学会から強い批判を受け、業を煮やした厚生労働省から新指針を正式に決める理事会前日の21日に国として検討に乗り出すことを通告されたため。「命の選別につながる」と論議を呼んできたNIPT。国による異例の介入の裏に何があったのか。【千葉紀和、五十嵐和大】

この記事は有料記事です。

残り2915文字(全文3142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです