メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

森保J、エクアドル戦は「王国史上最悪の試合」のピッチ ブラジル記者も特別な思い

サッカーW杯ブラジル大会準決勝でドイツに大敗したブラジルの選手たち(手前)にブーイングを浴びせるブラジルサポーター=ブラジル・ベロオリゾンテのミネイラン競技場で2014年7月8日、宮間俊樹撮影

 サッカーの南米選手権(ブラジル)に招待参加している日本代表が、南米の地での初勝利と、1次リーグ突破を懸けて24日(日本時間25日)にエクアドルと対戦する地、ベロオリゾンテ。試合会場のミネイラン競技場は、2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会準決勝で、ブラジルがドイツに1―7の歴史的大敗を喫した「ミネイランの悲劇」で知られる。

 「今でも信じられない気持ちになる」。当時、現地で取材をしていたブラジルのTVグローボのソウザ記者は…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文693文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです