メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

梅雨時はチャンス到来!? あえての「雨の日洗車」がオススメな理由とは

情報提供:カートップ

梅雨時はチャンス到来!? あえての「雨の日洗車」がオススメな理由とは

漬け置き洗いのような効果が得られて汚れが取れやすい

 梅雨の季節は当たり前だが雨の日が多い。せっかく洗車をしたのに、雨が……と悲しくなる人もいるだろうが、あえて思い切って雨の日に洗車するのも悪くはない。

 あまり小雨では意味がないが、ある程度の雨量がある日だと洗車する前からホコリや汚れがサッと流された状態から始められる。また、鳥の糞や虫の死骸などもふやけて取りやすい。洗濯物や食器類の漬け置き洗いのような効果が得られるのが、雨の日の洗車というわけだ。

 もちろん、雨の日でもホースで水をかけながら洗車をするほうが、傷もつきにくいし汚れも落としやすい。しかし、水洗いだけならすすぎや拭き取りはほぼ不要。

洗車

 晴れの日と違って、拭き取りをしなくても水滴が乾いて白いシミ(水道水のカルキ)にならないことも雨の日の洗車のメリット。

 雨の日はワックスやコーティングをかけづらいという問題もあるが、そもそも前回の洗車時のワックスやコーティングがまだ有効なら水洗いだけでもクルマはきれいになる。

 そうでない場合でも、濡れたボディにスプレーするだけで使えるコーティング剤なども市販されているので、これらを使えば水弾き効果をすぐに実感できるという楽しみも!

洗車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです