メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待防止

「悲しみ繰り返すな」 札幌でNPO訴え /北海道

児童虐待防止のシンボル「オレンジリボン」を配るNPO北海道ネウボラ代表の五嶋絵里奈さん(左)=札幌市中央区のJR札幌駅前で

 札幌市で2歳の女児が衰弱死した事件を受け、子育て支援団体「NPO北海道ネウボラ」(同市)は22日、JR札幌駅前で児童虐待防止に向けた啓発活動を行った。メンバーらは「これ以上悲しみを繰り返してはいけない」との思いを込め、児童虐待防止運動のシンボルである「オレンジリボン」を配った。

 ネウボラとは「アドバイスの場」という意味を持つフィンラン…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです