児童虐待防止

「悲しみ繰り返すな」 札幌でNPO訴え /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
児童虐待防止のシンボル「オレンジリボン」を配るNPO北海道ネウボラ代表の五嶋絵里奈さん(左)=札幌市中央区のJR札幌駅前で
児童虐待防止のシンボル「オレンジリボン」を配るNPO北海道ネウボラ代表の五嶋絵里奈さん(左)=札幌市中央区のJR札幌駅前で

 札幌市で2歳の女児が衰弱死した事件を受け、子育て支援団体「NPO北海道ネウボラ」(同市)は22日、JR札幌駅前で児童虐待防止に向けた啓発活動を行った。メンバーらは「これ以上悲しみを繰り返してはいけない」との思いを込め、児童虐待防止運動のシンボルである「オレンジリボン」を配った。

 ネウボラとは「アドバイスの場」という意味を持つフィンラン…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

注目の特集