メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉コレがスゴい

さいたま市のヨーロッパ野菜 「5本柱」でブランド化へ 出荷額86倍、県内1000店に供給 /埼玉

全国の生産者らが集まる商談会での「さいたまヨーロッパ野菜研究会」のコーナーには色鮮やかな野菜が展示された。左は福田裕子さん=東京都品川区で12日

 さいたま市内では6年前からヨーロッパ野菜が作られ、昨年度の出荷額は当初の86倍となり、県内で約1000店、東京都内でも約250店のレストランなどに供給されるほど広まっている。生産農家や店などで作る「さいたまヨーロッパ野菜研究会」による取り組みの成果で、ブランド化へ一直線だ。ここに至るには種苗会社や卸業者、行政側も加えた「五つの柱」の存在が不可欠だった。【松下英志】

 最初のきっかけは2008年、さいたま市の種苗会社「トキタ種苗」のイタリアでの子会社設立だった。日本…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです