メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ひと模様

NPO法人富山中途失聴者・難聴者友の会広報担当 蛯谷隆一さん(65) /富山

NPO法人「富山中途失聴者・難聴者友の会」広報担当の蛯谷隆一さん=富山市舟橋北町の県教育文化会館で、青山郁子撮影

聞こえにくさ理解を 蛯谷隆一(えびたに・りゅういち)さん

 生まれつき両耳が感音性の軽度難聴だった。自覚したのは小学生の頃。先生や友達の声が聞き取りにくく、特に「さ行」が聞こえないことに気付いた。父親も難聴で、医者からも「あきらめてください」と宣告された。

 以来、自分で障害を自覚し、仕事もそれほど会話が必要ではない技術系に進んだ。周囲の理解もあり「本当に必要なことは何回も言ってくれたし、幸い社内メールも早くから導入された」ことで、さほど不便を感じたこともなかったという。

 しかし、長女も生まれつきの軽度難聴で、「人の言うことを聞いていない」などと小、中学校時代はいじめに…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  4. ラグビーW杯 ナミビア人親子に密着 台風で中止「日本は完璧主義」

  5. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです