メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊藤若冲

西陣織で再現 代表作33点 大垣であすまで /岐阜

伊藤若冲の絵画を色鮮やかな絹糸で表現した作品を見る人たち=岐阜県大垣市室本町の市スイトピアセンターで

 江戸時代の絵師・伊藤若冲(1716~1800年)の代表作を、西陣織で再現した「釈迦(しゃか)三尊像と動物綵絵(さいえ)・全国巡回展」(西陣美術織主催)が、大垣市室本町の市スイトピアセンター文化会館で開かれている。24日までで、入場無料。

 会場には、植物や鳥などを描いた作品30点と、釈迦三尊像3点の…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです