メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
View+

棒サッカー 年齢忘れて、みんなでワイワイ 「協会」設立 /大阪

棒サッカーを楽しむ人たち=大阪府豊中市で、梅田麻衣子撮影

 直径20センチほどの小ぶりなサッカーボールがゴールに収まると、拍手と歓声が上がった--。豊中市上新田の高齢者福祉施設で行われた「棒サッカー」の練習試合。足ではなく、棒でボールを転がしてゴールを狙うユニークな競技だ。

 人工芝を敷いた「コート」は長さ12メートル、幅90センチの細長い形。1チーム11人がそのコートをはさんで向かい合って座る。対戦は前半、後半各3分ずつ。塩ビパイプにクッション材を巻いた棒を、器用に、時には激しく操って、ゴールに向かってボールを寄せていく。

 元々は高齢者の体力作りやリハビリを目的に、豊中市内などの介護施設でレクリエーションのプログラムとし…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文706文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです