メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌る?紀になる!

世界遺産、景観も安全も 熊野古道、旅行客増で対策急務 /和歌山

細い山道が続く古道=和歌山県田辺市本宮町で、最上聡撮影

 「紀伊山地の霊場と参詣道」が2004年7月に世界遺産に登録されてから、今年で15年となる。熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に代表される信仰など人の営みと、熊野の豊かな自然とが織り成す「文化的景観」への評価は高く、訪れる外国人旅行客も増えている。一方、景観を守り伝えるため、むやみに柵などを設置できないという事情もあり、安全対策には課題もある。【最上聡】

 県によると、熊野本宮大社のある田辺市本宮町地区では08年、外国人宿泊者が588人だったが、昨年は2…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文924文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです