メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演会

「今日の沖縄は明日の本土」 沖縄タイムス・阿部記者が基地問題を報告 「沖縄慰霊の日」で企画 /福岡

 沖縄戦で旧日本軍の組織的戦闘が終結したとされる「沖縄慰霊の日」(23日)を前に、早良区百道の市立早良市民センターで22日、地元紙・沖縄タイムス編集委員の阿部岳記者の講演会があった。米軍事故を十分に調査できないなど、市民が実態を知りにくくなっている現状を報告し「米軍と自衛隊の一体化が進められており、沖縄で今日起こることは明日の本土で起こること」と訴えた。

 有志でつくる「本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会」などが主催し、約50人が参加した。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです