講演

自身の研究成果披露 キリスト教と長崎の関係 郷土史家・越中哲也さん /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 長崎市の郷土史家、越中(えっちゅう)哲也さん(97)の講演会が22日、長崎市平和町の浦上キリシタン資料館であった。約50人を前に、キリスト教と長崎の関係などについて自身の研究成果を披露した。

 越中さんは長崎歴史文化協会(今年3月閉会)の理事長を長年務めたほか、市が開講する「ながさき歴史の学校」の名…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

あわせて読みたい

ニュース特集