メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

柳家花緑 師匠の言葉胸に(その1) 新しい型・芸に挑む

楽屋の前で神田松之丞さん(右)、林家三平さん(中央)と談笑する柳家花緑さん=さいたま市民会館おおみやで、竹内紀臣撮影

 東京・新宿の繁華街にある新宿末広亭は、今では珍しい木造建築の寄席だ。5月20日、落語家、柳家花緑(やなぎやかろく)さん(47)は10日間の夜席のトリを終えた。楽日のネタは「井戸の茶碗(ちゃわん)」。年ごろの娘と暮らす長屋の浪人と、若い武士。正直者の堅物2人を、ふとしたきっかけで、くず屋さんが取り持つことに。登場人物はみな善人。すがすがしい人情噺(ばなし)に涙する人もいた。

 花緑さんの師匠は、祖父で落語界初の人間国宝、五代目柳家小(こ)さん(2002年、87歳で死去)。師…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文783文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです