メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

新出生前診断、拡大見送り 国の介入、日産婦誤算

新型出生前診断を巡る動き

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)を巡り、日本産科婦人科学会(日産婦)は22日、施設要件を緩和して実施拡大を図る新指針を正式に決めた上で、運用を見送ると発表した。医学系の他学会から強い批判を受け、業を煮やした厚生労働省から前日の21日に国として検討に乗り出すことを通告されたため。「命の選別につながる」と論議を呼んできたNIPT。国による異例の介入の裏に何があったのか。【千葉紀和、五十嵐和大】

 「国が医療に責任を持つのが本来の姿だ。国が乗り出すのは良いことだが多くの妊婦が右往左往しており、一…

この記事は有料記事です。

残り2803文字(全文3067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです