メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

米無人機撃墜 報復、米の撤回過程に異論も 揺らぐトランプ発言 FOX関係者の助言優先か

イランの軍事施設攻撃の作戦開始10分前に中止を指示したことなどに言及したトランプ氏のツイート=21日、ロイター

 米軍の無人偵察機撃墜に報復するため、トランプ米大統領がイランの軍事施設への攻撃をいったん承認して撤回したことを巡り、トランプ政権の政策決定過程を疑問視する声が上がっている。軍事攻撃による想定死者数を大統領が実行直前に尋ねたという説明への異論に加え、トランプ氏と近い関係にある保守系のFOXニュース関係者の助言を優先していたとの見方も浮上している。【ワシントン古本陽荘】

 トランプ氏は21日朝、イランの軍事関連施設「3カ所への報復攻撃計画」を認め、「作戦開始10分前に中止を指示した」とツイッターで明らかにした。軍高官に「何人死ぬんだ」と尋ねたところ150人と知らされ、無人機撃墜に対する報復としては「不釣り合い」と判断したからだと説明した。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです