メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

「記者殺害 G20議論を」 カショギ氏婚約者、涙の訴え

 昨年10月に殺害されたサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の婚約者だったトルコ人女性ハティジェ・ジェンギズさん(36)が22日までに、共同通信の単独取材に応じた。「誰が殺害を命じたのか知りたい」。事件には残された疑問が多いと涙ながらに訴え、月末に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で議題にするよう日本政府に求めた。

 ジェンギズさんが日本メディアの取材に答えたのは初めて。事件への関与が疑われるサウジの事実上の最高権力者ムハンマド皇太子は、G20のため訪日する見通しだ。ジェンギズさんは「親しい関係なら相手に警告できる」と語り、日本は最大の原油輸入先であるサウジに事件解明を求めることができると要望した。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです