メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ASEAN

プラごみ意識向上へ バンコク宣言採択

竹ざおにせき止められたごみを回収する人たち=バンコクのラプラオ運河で2019年6月14日朝

 東南アジアでプラスチックごみの問題が深刻になっている。東南アジア諸国連合(ASEAN)は22日にバンコクで始めた首脳会議で、海洋に流出するプラごみの対策指針「バンコク宣言」などを採択した。宣言は、意識の向上や技術移転などの重要性を指摘し、ASEANが一体となって対策に取り組む決意を示した。同時に採択した「行動枠組み」では、教育や民間との協議など、四つの重点項目が示された。

 首脳会議の開催地となったバンコクでも、プラごみの問題は深刻だ。雨期に入り、プラスチック類を含む大量のごみが下水路や運河にたまり、排水を妨げ主要道路が冠水する原因の一つとされる。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです