メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
もとをたどれば

サッポロビール 黒ラベル ファンが名付け親

 サッポロビールの起源は1876(明治9)年に北海道開拓使が開業した官営の開拓使麦酒醸造所にさかのぼる。北極星をモチーフにした開拓使の象徴・五稜(ごりょう)星が、現在もトレードマークだ。

 その主力商品「黒ラベル」は、1977年発売の生ビール「サッポロびん生」がルーツ。熱処理をしたビールが主流だった時代に、飲食店で人気が出ていた生ビールを家庭でも楽しんでもらおうと、びん入りの生ビールとして開発した。

 「びん生」は発売後、人気商品となり、黒地に星印のラベルで「黒ラベル」の愛称で親しまれた。89年2月…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文596文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです