メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦七番勝負 挑戦者・豊島将之王位-佐藤天彦名人 第4局の15

焦点にたたく 観戦記・山口絵美菜

 豊島は自信のある手つきで、[先]6三歩とたたいた。読みを確かめるように小刻みに揺れる。[後]6一金は[先]6八金[後]3六角成[先]2二歩[後]2四金[先]2五飛で先手よし。「[後]6一金の形はきついと思った」と佐藤。素直に[後]6三同金と応じたが、金が上ずり利かされた形だ。佐藤の残り時間も1時間を切り「はぁー」と息を長く吐きだした。苦しい夜だ。

 豊島の表情は険しい。「うーん」とうなったかと思えば頭を抱え、そしてチョコを口に放り込む。盤に注がれ…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです