メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『真実の終わり』=ミチコ・カクタニ著、岡崎玲子・訳

 (集英社・1836円)

抵抗し続ける努力促す

 トランプ米大統領の政治が欺瞞(ぎまん)に満ちていると考える者は少なくない。ワシントン・ポストによれば彼が就任からの一年で口にした欺瞞ないし誤解を招く発言は二千百四十回。一日あたり五・九回。

 しかしまたこういう男を受け入れてむしろもてはやす人々も多いのだ。この現象はアメリカだけでなく、世界各地で見られる。我らが日本においても、安倍政権は森友学園と加計学園を巡る糊塗(こと)・隠蔽(いんぺい)や「フクシマの状況はアンダーコントロール」という首相の発言など、まるで欺瞞の総合商社だ。それでも政権は支持を得ているのはどういうことか?

 ミチコ・カクタニはアメリカで最も信頼される文芸評論家である(日系二世)。その彼女がこの問題と取り組…

この記事は有料記事です。

残り1128文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです