メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚

池澤夏樹・評 『真実の終わり』=ミチコ・カクタニ著、岡崎玲子・訳

 (集英社・1836円)

抵抗し続ける努力促す

 トランプ米大統領の政治が欺瞞(ぎまん)に満ちていると考える者は少なくない。ワシントン・ポストによれば彼が就任からの一年で口にした欺瞞ないし誤解を招く発言は二千百四十回。一日あたり五・九回。

 しかしまたこういう男を受け入れてむしろもてはやす人々も多いのだ。この現象はアメリカだけでなく、世界各地で見られる。我らが日本においても、安倍政権は森友学園と加計学園を巡る糊塗(こと)・隠蔽(いんぺい)や「フクシマの状況はアンダーコントロール」という首相の発言など、まるで欺瞞の総合商社だ。それでも政権は支持を得ているのはどういうことか?

 ミチコ・カクタニはアメリカで最も信頼される文芸評論家である(日系二世)。その彼女がこの問題と取り組…

この記事は有料記事です。

残り1128文字(全文1464文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです