メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

セ・パ交流戦 オリックス3-2広島 荒西プロ初勝利

 相手ミスで得た好機を生かしオリックスが逃げ切った。六回に四球と敵失で無死二、三塁とし、中川が左前2点適時打を放った。先発の新人・荒西が高い制球力でプロ初勝利。広島は走塁妨害での失点もあり、交流戦5カード目の負け越し。

 (2)マツダスタジアム(オリックス2勝)

オリックス 000003000=3

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文219文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです