メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄慰霊の日

きょう ひめゆり継承の岐路 開館30年、入館者減少

ひめゆり平和祈念資料館の入館者数の推移

 太平洋戦争末期の沖縄戦に動員され、女学生ら136人が命を落とした「ひめゆり学徒隊」の体験を伝える沖縄県糸満市の「ひめゆり平和祈念資料館」が「慰霊の日」の23日、開館30年を迎える。悲惨な沖縄戦の歴史を伝える象徴的な存在として大きな役割を担ってきた資料館だが、入館者の減少という課題に直面している。【佐野格、遠藤孝康】

 資料館は学友の無念と戦争の実相を後世に伝えたいと同窓会が設立し、1989年6月23日に開館した。沖縄戦を生き延びた元学徒が館内外で「証言員」として体験を語り、開館10年の99年度には約100万人の入館者を数えた。だが、徐々に減り始め、2018年度はピーク時の半分の53万人に落ち込んだ。

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです