メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
藤原帰一の映画愛

COLD WAR あの歌、2つの心 白黒映像で一層際立つ 矛盾だらけの男女の姿

 結ばれて幸せな人生を送るはずの男と女が、政治のために翻弄(ほんろう)される。これ、「ドクトル・ジバゴ」の昔から映画の定番ですね。ジバゴとララが出会っては引き裂かれ、再会してはまた引き裂かれる原因となったのはロシア革命でしたが、この映画で恋人たちを翻弄するのは冷戦。ヨーロッパが引き裂かれるように恋人たちが引き裂かれるわけですね。でも、恋愛とスペクタクルが組み合わされた感動巨編なんて力こぶの入った映画じゃない。その静かで美しい手ざわりをご紹介しましょう。

 第二次世界大戦が終わって間もない1949年のポーランド、ソ連を後ろ盾とする共産主義体制が確立された…

この記事は有料記事です。

残り1394文字(全文1672文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  2. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. JOC 理事会を非公開に 「議論活性化のため」 「時代に逆行」批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです