メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米が「パレスチナ経済支援プラン」 10年で5兆円超の投資促進

トランプ米大統領=AP

 米ホワイトハウスは22日、パレスチナに今後10年間で500億ドル(約5兆3650億円)超の投資を促進する「パレスチナ経済支援プラン」を発表した。「国内総生産(GDP)倍増」などを目標に掲げ、パレスチナ人社会の生活向上を実現するとしている。プランはトランプ政権が取り組むイスラエルとパレスチナの和平仲介案の一部との位置づけ。今月に主催する国際会合で、投資案件の詳細を協議する。

 和平包括案の経済支援策を先行提示することで、トランプ政権に反発するパレスチナの軟化を誘い、対話を促進させる狙いがある。和平交渉の中核となる国境問題やエルサレムの帰属など政治懸案には触れていない。これまで原則とされてきた「2国家共存」にも言及はない。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「今年の子ども」に15歳少女 いじめ関連単語の変換アプリ開発 米誌タイム初選出

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです