メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏がイランに「感謝」? 交渉誘う 制裁強め核開発断念要求

キャンプデービッドに向けてヘリコプターに乗り込む前に記者の質問に答えるトランプ米大統領=ワシントンで22日、AP

 トランプ米大統領は22日、米軍の無人偵察機を撃墜したイランに対し、制裁を強化する考えを明らかにした。一方で、イランが米軍の有人機を攻撃しなかったことに「感謝する」と述べ、歩み寄りの姿勢も示した。硬軟織り交ぜて、イランを交渉のテーブルに誘い込む思惑とみられるが、こうしたトランプ流交渉術が奏功する見通しは立っていないのが実情だ。

 トランプ氏は22日、ツイッターで「イランは核兵器を保有することはできない。月曜日(24日)に大規模…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文963文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです