メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏がイランに「感謝」? 交渉誘う 制裁強め核開発断念要求

キャンプデービッドに向けてヘリコプターに乗り込む前に記者の質問に答えるトランプ米大統領=ワシントンで22日、AP

 トランプ米大統領は22日、米軍の無人偵察機を撃墜したイランに対し、制裁を強化する考えを明らかにした。一方で、イランが米軍の有人機を攻撃しなかったことに「感謝する」と述べ、歩み寄りの姿勢も示した。硬軟織り交ぜて、イランを交渉のテーブルに誘い込む思惑とみられるが、こうしたトランプ流交渉術が奏功する見通しは立っていないのが実情だ。

 トランプ氏は22日、ツイッターで「イランは核兵器を保有することはできない。月曜日(24日)に大規模な追加制裁に踏み切る」と発表した。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです