メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「今度は一緒に暮らそうね」平和の礎を訪れる人たちの思い

 「沖縄慰霊の日」の23日、沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園にあり、沖縄戦などの戦没者の名を刻んだ「平和の礎(いしじ)」には早朝から遺族らが訪れ、時折強い雨が降りつける中、手を合わせて祈る姿が見られた。

 那覇市の元教員、諸見(もろみ)武彦さん(77)は、移住先のサイパンで日本軍に現地召集されて命を落とした父(当時25歳)の冥福を祈った。戦後苦労して育ててくれた母富美さんが昨年、97歳で亡くなった。「墓の中で一緒にいるだろうから、『けんかしないでよ』と伝えた。戦争は残された人にもつらい思いをさせる」と語った。

 祖父ら4人を亡くした那覇市の主婦、富永香誉乃(かよの)さん(39)は昨晩、長男律(りつ)さん(4)…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです