小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
危険物取扱の要点をまとめたノートと免状を手に笑顔を見せる阿部公尚さん=大阪府枚方市の自宅で
危険物取扱の要点をまとめたノートと免状を手に笑顔を見せる阿部公尚さん=大阪府枚方市の自宅で

 大阪府枚方市立殿山第一小学校6年の阿部公尚(きみひさ)さん(11)が5月、危険物取扱者乙種全類の試験に合格し、免状を手にした。昨年4月にガソリンなど引火性液体の基本的な知識を問う丙種の受験から始め、形状や性質に応じて6類に分けられる危険物の取り扱いや法令に関する乙種試験に計4回のチャレンジで合格した。阿部さんは「(試験場は)大人ばかりで緊張したけど、勉強は面白かった」と喜んだ。

 危険物取扱者は化学工場やガソリンスタンドなどで火気厳禁の危険物を取り扱う際に必要とされる国家資格。昨年度乙種では累計30万4356人が受験し、13万6471人が合格した。一般財団法人消防試験研究センターによると、2017年度の受験年齢は20歳未満=38.1%▽20代=23.7%▽30代=16.1%▽40代=13.8%で、32.5%が工業高校などで学ぶ高校生だった。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文638文字)

あわせて読みたい

注目の特集