メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄慰霊の日 追悼式で玉城知事が政府批判 安倍首相「負担軽減に全力」

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦の犠牲者らを追悼する「慰霊の日」を迎えた。旧日本軍による組織的戦闘の終結から74年。最後の激戦地だった沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園では、県と県議会主催の「沖縄全戦没者追悼式」があった。玉城(たまき)デニー知事は就任後初となる「平和宣言」で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に伴って名護市辺野古沿岸部の埋め立てを進める政府を強く批判した。

 沖縄戦は激しい地上戦が約3カ月続き、県民の4人に1人が亡くなったとされる。追悼式には安倍晋三首相や遺族らも参列した。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです