駅猫「おさむ」天寿まっとう ひたちなか海浜鉄道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
試運転を開始したひたちなか海浜鉄道の車両前に座る駅猫おさむ。震災で不通となった時も観光客を呼び込む原動力となっていた=茨城県の那珂湊駅で2011年6月15日、米田堅持撮影
試運転を開始したひたちなか海浜鉄道の車両前に座る駅猫おさむ。震災で不通となった時も観光客を呼び込む原動力となっていた=茨城県の那珂湊駅で2011年6月15日、米田堅持撮影

 ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅(茨城県ひたちなか市)の雄の駅猫「おさむ」が23日午前、死んだ。同鉄道がサイトなどで発表した。推定17歳の高齢だった。

 「おさむ」は2009年、那珂湊駅にやってきた迷い猫だったが、直後にやってきた雌の「ミニさむ」とともに同鉄道で保護し、駅猫として暮らしていた。「おさむ」の名前は「黒ネコのタンゴ」をヒットさせた皆川おさむさんにちなんだもの。警戒心が強く、駅舎の外にいることも多い「ミニ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集