信楽高原鉄道事故の遺族らの団体「TASK」が解散総会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鉄道安全推進会議(TASK)の総会で、解散について報告する共同代表、田島義久弁護士=大阪市北区で2019年6月23日午後1時10分、土居和弘撮影
鉄道安全推進会議(TASK)の総会で、解散について報告する共同代表、田島義久弁護士=大阪市北区で2019年6月23日午後1時10分、土居和弘撮影

 信楽高原鉄道事故(1991年)の遺族らでつくる市民団体「鉄道安全推進会議」(TASK)は23日、大阪市北区で総会を開いて解散を決め、26年に及ぶ活動に終止符を打った。

 総会で共同代表の一人、田島義久弁護士は活動の成果に言及。原因究明や再発防止を担う調査機関の設置を国に働きかけ、航空・鉄道事故調査委員会(2001年、…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

注目の特集