メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「なぜこんなことが…」識者・影山教授の見解全文 関西テレビ「ヘイト発言」で自己検証番組

関西テレビの正面玄関=大阪市北区で2019年6月19日、大西達也撮影

 関西テレビ(大阪市)がバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、作家の岩井志麻子氏のヘイトと受け取られかねない発言を放送した問題を巡り、同社が23日朝に放送した自己検証番組「カンテレ通信」で影山貴彦・同志社女子大教授(メディアエンターテインメント論)が述べた見解は以下の通り。

         ◇

 僕は怒りを通り越して、とっても悲しい思いで今ここに座っています。岩井さんのコメントもさることながら、これは生放送番組ではなくて収録番組ですよね。先ほどの発言、コメントをカットしなかった関西テレビに一番の責任が大きくあると思います。そう思って疑いません。

 今、関西では、人権問題を各局がしっかり、より考えなければいけない時期ですよ。その時期になぜこんなこ…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文882文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです