メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大島衆院議長は県民投票に言及 沖縄慰霊の日式典 「接点形成に努力」

式典で追悼の辞を読む大島理森・衆院議長=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2019年6月23日午後0時44分、森園道子撮影

 「沖縄慰霊の日」の23日、沖縄県糸満市の平和祈念公園で営まれた「沖縄全戦没者追悼式」に参列した大島理森衆院議長は「追悼の辞」で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に伴う名護市辺野古沿岸部の埋め立てに反対が7割を超えた2月の県民投票に触れ、「接点を形成できるよう努力を積み重ねていかなければならない」と述べた。

 安倍晋三首相のあいさつでは、県民投票や辺野古移設への言及はなかった。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 北海道知事が緊急事態宣言 「この週末は外出控えて」 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです