まさか、巨人のエース菅野 プロ最短の1回3分の0で降板

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ○ソフトバンク5―1巨人●(23日・東京ドーム)

 巨人にとって、勝利すれば5年ぶりの交流戦優勝が決まるはずだった一戦で、先発・菅野がプロ最短の1回3分の0、4失点で降板という、信じられない姿を見せた。

 一回、福田に先頭打者弾を浴びる最悪の出だしだった。2四球や味方のミスも絡んでさらに3失点。二回、先頭の投手・和田に四球を出し、交代を告げられた。

 菅野は「チームメートに申し訳ない」と沈痛な表情。原監督は「先頭弾、四球、四球では、リズムも何もない」と怒り心頭だった。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文465文字)

あわせて読みたい

ニュース特集