メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
今どきの歴史

縄文土器が悩ましい 最初に煮た食材は何?

東アジアの土器出現地域

 縄文時代が悩ましい。土偶や火焔(かえん)土器など現代人に訴える遺物が多く、考古学人気を引っ張る時代なのだが、根幹をなす土器出現理由の定説が通用しなくなっているのだ。東京で先月開かれた日本考古学協会の総会で、このテーマのセッションを司会した橋詰潤・新潟県立歴史博物館主任研究員に最新状況を聞いた。

 まず、「世界でもダントツに古い」(橋詰氏)という東アジアの土器出現時期をみると、中国南部=2万年前▽日本列島=1万6000年前▽アムール川流域=1万5500~1万5000年前--などとなっている。

 地図上の年代に「?」がつくのは、今後書き換えられる可能性もあるから。現状では日本の数値が最も確実と…

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1642文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉田沙保里さんをインナーウェアのモデルに起用 ワコール

  2. 食肉加工場でパート従業員の女性が右腕切断 加工会社など書類送検 福岡

  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  4. 年金支給額は増えたのか 三原じゅん子議員の演説をファクトチェック

  5. 心愛さん父 「やめて」と止める母に馬乗り 野田虐待初公判 被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです