メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

華優希

宝塚花組トップ娘役 「雲の上」へ、踏み出す一歩 明日海りおコンサートでお披露目

横浜アリーナ公演「恋スルARENA」でトップ娘役お披露目を行う華優希=小玉沙織撮影

 11月に退団を控えた宝塚歌劇団花組トップスター、明日海りおのコンサート「恋スルARENA」(横浜アリーナで25、26日)で、華(はな)優希(ゆうき)がトップ娘役としてお披露目を果たす。「毎日緊張することばかりだが、組の皆さんと明日海さんをもり立てていきたい」と話す。

 華は宝塚が100周年を迎えた2014年に入団。昨年上演された大劇場公演「ポーの一族」で、明日海演じるエドガーの妹、メリーベルに抜てきされ、そのかれんな容姿と演技が注目を集めた。

 就任を告げられた時を「人生で一番驚きました」と振り返る。というのも、花組に配属になったとき、明日海はすでにトップだった。「雲の上の、近づくのも恐れ多いくらいの方。そんな方の男役最後の時に、隣に立たせていただけるのは幸せ」とほほえむ。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです