連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

原告の母親

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ハンセン病元患者の家族が集団で国家賠償と謝罪を求めた訴訟。熊本地裁で28日、判決が言い渡される。その取材で原告側の弁護士からこんな話を聞いた。

 原告のある男性は、母親が元患者だった。訴訟に参加する際、妻にそのことを初めて伝えると、妻の実家は男性に離婚を求め、妻と子供を実家に帰した。

 「男性は母親と妻の実家に行って、隠していたことを2人で土下座して謝罪し、戻って来てほ…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集