メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおもり人模様

県警航空隊・鈴木真悦隊長(62) 捜索、最後まで諦めない /青森

県内の遭難件数の多い場所について説明する県警航空隊長の鈴木真悦さん=青森県警航空隊施設内で

 <あおもり人模様(ひともよう)>

 35年以上にわたって県警航空隊のヘリコプターのパイロットを務めてきた。山岳遭難者の捜索や逃走犯の追尾などに携わり、これまでに約300人の救助活動に関わる。08年に隊長に就任した。

 八戸市出身。パイロットに憧れて高校卒業後に海上自衛隊に入隊し、四国や九州で海上監視や救難活動の任務に就いた。転機は1983年。県警がヘリコプターを導入し、パイロットを募集することを知って応募した。「自分の生まれた場所を空から見たかった」。中学2年の時に父を亡くし、長男として実家の母を近くで支えたい気持ちもあった。

 忘れられない出来事がある。2014年9月、平川市善光寺平の渓流で男性が行方不明になった。連日の捜索…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文713文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです