メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALS

患者の日常見つめ 写真家・武本さん、港区で作品展 30日まで /東京

展示されているALS患者を撮影した写真=武本さん提供

 全身の筋力が低下していく難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の患者の日常を撮影した写真展「THIS IS ALS」が、港区の東京ミッドタウンで開かれている。写真家の武本花奈さん(45)=さいたま市=がファインダー越しに見つめた患者の日常が約60点の作品として並んでいる。30日まで。

 武本さんは2014年、ALS患者で体験記の出版を目指していた藤元健二さん(故人)=静岡県富士宮市=から、「本に載せる写真を撮ってほしい」と依頼を受け、撮影をスタートさせた。体験記は17年3月に出版されたが、藤元さんはその9日後に亡くなった。

 ALSへの理解を深めつつあったため「もう終わりとは思えない」と感じたという武本さん。藤元さんを通じて知り合っていた日本ALS協会の元会長、岡部宏生さん(61)から「まだそばにいてください」と言われたこともあり、撮影を続けようと決めた。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです