メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALS

患者の日常見つめ 写真家・武本さん、港区で作品展 30日まで /東京

展示されているALS患者を撮影した写真=武本さん提供

 全身の筋力が低下していく難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の患者の日常を撮影した写真展「THIS IS ALS」が、港区の東京ミッドタウンで開かれている。写真家の武本花奈さん(45)=さいたま市=がファインダー越しに見つめた患者の日常が約60点の作品として並んでいる。30日まで。

 武本さんは2014年、ALS患者で体験記の出版を目指していた藤元健二さん(故人)=静岡県富士宮市=から、「本に載せる写真を撮ってほしい」と依頼を受け、撮影をスタートさせた。体験記は17年3月に出版されたが、藤元さんはその9日後に亡くなった。

 ALSへの理解を深めつつあったため「もう終わりとは思えない」と感じたという武本さん。藤元さんを通じ…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです