メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心臓病

南美ちゃん「救う会」 移植渡米へ募金 川崎 /神奈川

補助人工心臓を付けた後の南美ちゃん。笑顔も見られるようになった=みなみちゃん救う会提供

 生まれつき心臓が成長しきれない重病を抱えた川崎市多摩区の野村南美(みなみ)ちゃん(8カ月)を助けようと、両親の友人らが救う会を結成した。渡米して心臓移植手術を受ける費用2億8000万円のめどがつくまで、募金を続ける。

 主治医の石戸美妃子・東京女子医大助教によると、南美ちゃんは心筋緻密化障害という非常に珍しい病気。心不全の症状が悪化し、現在は補助人工心臓を付けている。人工心臓で血栓ができやすいなどのリスクを抱えることになり、助かる道は心臓移植だけ…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです