メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心臓病

南美ちゃん「救う会」 移植渡米へ募金 川崎 /神奈川

補助人工心臓を付けた後の南美ちゃん。笑顔も見られるようになった=みなみちゃん救う会提供

 生まれつき心臓が成長しきれない重病を抱えた川崎市多摩区の野村南美(みなみ)ちゃん(8カ月)を助けようと、両親の友人らが救う会を結成した。渡米して心臓移植手術を受ける費用2億8000万円のめどがつくまで、募金を続ける。

 主治医の石戸美妃子・東京女子医大助教によると、南美ちゃんは心筋緻密化障害という非常に珍しい病気。心不全の症状が悪化し、現在は補助人工心臓を付けている。人工心臓で血栓ができやすいなどのリスクを抱えることになり、助かる道は心臓移植だけ…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです