メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茅の輪くぐり

無病息災、祈り込め 近江八幡・沙沙貴神社 /滋賀

岳宮司を先頭に次々と茅の輪をくぐる参加者=滋賀県近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴神社で、蓮見新也撮影

 近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴神社で23日、神事「水無月(みなづき) 夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」があった。参加者は半年間の罪やけがれをはらい、残る半年の無病息災を祈りながら茅(ち)の輪をくぐった。

 直径2・5メートルの茅の輪は、氏子らが地元の西の湖のマコモやヨシを刈り取り、22日に作った。

 同神社は佐佐木源氏発祥の地とされ、全国佐佐木会の有志や近江源氏の子孫、氏子ら約30人が参加。岳眞杜…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです