連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

香川で見つけた「福」 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「くいもんや おか村」の岡村秀人さん(右)と妻瑞穂さん=高松市瓦町で、佐々木雅彦撮影
「くいもんや おか村」の岡村秀人さん(右)と妻瑞穂さん=高松市瓦町で、佐々木雅彦撮影

 転勤族にとって、かつて住んだ土地はどこも第二の故郷に思えます。特に食の記憶は体に染みつきます。福井から引っ越して間もなく2カ月ですが、香川でも福井の味を2カ所で味わえました。

 5月初め、高松市瓦町1の繁華街を歩いていると、居酒屋入り口の貼り紙が目が入りました。「福井のおいしいお酒あります」。懐かしくなり、早速飲みに行きました。店名は「くいもんや おか村」(087・842・1455)。こぢんまりとした店内で、福井直送の魚介や香川のおいしい肴(さかな)が楽しめます。福井の伝統食「サバのへしこ」もありました。

 店主の岡村秀人さん(47)は福井県越前町で育ちました。日本海岸の漁師町です。21歳の時に関西のホテルの和食レストランで働き始めます。高松市のホテル勤務だった6年前に独立し、今の店を開業。半年後、「特色を出したい」と、新たに福井の食を前面に出しました。店は徳島出身の妻瑞穂さん(46)と切り盛りしています。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1153文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集