沖縄慰霊の日

不戦の誓い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
父の名に手を合わせる女性。「1歳で別れたきりだから……どんな顔だったのかなあ。命を授けてくれてありがとう」と涙ぐんだ=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2019年6月23日午前8時54分、森園道子撮影
父の名に手を合わせる女性。「1歳で別れたきりだから……どんな顔だったのかなあ。命を授けてくれてありがとう」と涙ぐんだ=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2019年6月23日午前8時54分、森園道子撮影

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦の犠牲者らを追悼する「慰霊の日」を迎えた。旧日本軍による戦闘が終わったとされる日から74年。最後の激戦地だった沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園では、県と県議会主催の「沖縄全戦没者追悼式」があった。玉城(たまき)デニー知事は就任後初となる「平和宣言」で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に伴って名護市辺野古沿岸部の埋め立てを進める政府を強く批判。本土に向けて「米軍基地問題は国民全体が当事者であるとの認識を持っていただきたい」と呼び掛けた。

 沖縄戦では激しい地上戦が約3カ月続き、県民の4人に1人が亡くなったとされる。追悼式には安倍晋三首相や遺族ら約5100人が参列し、正午に1分間の黙とうをささげた。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1059文字)

あわせて読みたい

注目の特集