メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「男子はすべからく女子に国政を委ねるべきだ」…

[PR]

 「男子はすべからく女子に国政を委ねるべきだ」。時は古代ギリシャ。劇作家アリストパネスの喜劇「女の議会」で主人公が熱弁を振るう。参政権を持たない女性たちが男装して議会に潜入し、男性から実権を奪い取るという筋立てだ▲民主主義の源流とされる都市国家のアテナイだが、女性の地位は低かったとされる。「政治も文化もあくまでも男性市民中心に築かれていた」(桜井万里子著「古代ギリシアの女たち」)▲ギリシャ同様、いにしえからの歴史を刻むローマでも、最近まで、女性の進出を阻む「ガラスの天井」は厚かった。ビルジニア・ラッジさんが初の女性市長になったのは3年前。胸に去来するのは「女性には、他者を気にかけ、問題に向き合う能力があるのに」との思いだ▲日本はどうか。世界各国議会の国際組織・列国議会同盟によると、下院議員に占める女性の割合は193カ国平均で4人に1人。10人に1人しか女性衆院議員のいない日本は165位。主要20カ国・地域(G20)で最下位だ▲「女性が輝く社会の実現に向け、女性教育に投資を」。ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんは今週末に大阪で首脳会議を開くG20に呼びかけている▲性別にかかわりなく能力を発揮できる社会を目指す「男女共同参画社会基本法」の施行から20周年。G20首脳会議では、女性の活躍を後押しする関連会合も予定されている。一過性の行事に終わらせず、「ガラスの天井」を打ち砕く機運を高めるきっかけにしたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです