メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界・温暖化と生きる

ブドウ着色不良、西日本に拡大 気温上昇で予測、巨峰などに影響

地球温暖化によるブドウの被害予測

 地球温暖化が進んだ場合、巨峰などのブドウの色づきが悪化する地域は、西日本を中心に大幅に拡大するとの予測を農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)が発表した。主要産地の山梨県・甲府盆地などでも5年に1回以上の頻度で発生するという。

 巨峰などブドウの黒色品種は、高温になると、皮がきれいに色づかない「着色不良」と呼ばれる被害が発生する。巨峰は着色期(収穫前40日間)の日平均気温が27・5度を超えると色づきが悪くなる。味に影響はないが、見た目が悪く、商品価値が下がる。

 農研機構は地球温暖化が進んで2031~50年に平均気温が20世紀末より1・7度上昇した場合について…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです