メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

新スパコン「富岳」の特徴は? 計算速度、先代の100倍 国費約1100億円を投入=回答・柳楽未来

スーパーコンピューター「京」のシステムラック=幾島健太郎撮影

回答・柳楽未来(なぎら・みらい)

 なるほドリ 新しいスーパーコンピューター(スパコン)ができるんだってね。

 記者 理化学研究所が、現在のスパコン「京(けい)」の後継(こうけい)機として整備を進めている「富岳(ふがく)」のことですね。富岳は富士山の別の呼び方です。この名称(めいしょう)は公募(こうぼ)で集まった約2500の候補から先月選ばれました。選考理由を理研は「富士山の高さと裾野(すその)の広がりが、性能の高さと利用者の広がりを表す」と説明しています。建設場所は、京と同じ神戸市の人工島「ポートアイランド」で、2021年ごろから運用予定です。一方、京は今年8月で停止します。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  2. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  3. 「考える余裕はなかった」 太平洋戦争開戦79年を前に91歳が語る予科練生活

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです