メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 救済一時金申請、STV記者誘導か 札幌の男性に

国を提訴するため札幌地裁に入る原告の小島喜久夫さん(手前中央)ら=札幌市中央区で2018年5月17日、貝塚太一撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして国家賠償請求訴訟を係争中の札幌市の原告男性が19日、4月に放送された日本テレビ系列の札幌テレビ放送(STV、本社・札幌市)の取材・報道によって人権を侵害されたと訴え、謝罪などを求めて放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に申し立てをした。被害者救済を巡る報道の裏で、いったい何があったのか。【源馬のぞみ】

 申し立てをしたのは札幌市在住の小島喜久夫さん(78)。19歳の時に不妊手術を強制されたとして国に1…

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1531文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです