メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

大相撲元特等床山・床寿さん=4月30日死去・75歳

横綱・朝青龍の髷を結う床寿さん=2008年10月5日

早い、美しい、崩れない 床寿(とこじゅ)さん=肺炎のため、4月30日死去・75歳

 日本相撲協会の元特等床山で「寿(じゅ)さん」と親しまれた床寿(本名・日向端隆寿(ひなはたたかじゅ))さんが平成最後の日、亡くなった。

 青森県出身。1959年に高砂部屋に入門した。若い頃は朝4時に起床、風呂たきや掃除、稽古(けいこ)後の力士のまげを結い、食事は午後3時すぎ。そんな生活のなかでも、床山の技量を上げるため、力士にラーメンをおごって練習台になってもらい、腕を磨いた。

 現役時代、高砂部屋と一門には関取衆が多かった。高見山、千代の富士、水戸泉、小錦、曙、朝青龍ら名力士…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文736文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです